ビジネスをはじめよう

フランチャイズとは何かについて

フランチャイズ・ビジネスの仕組みとして、まず(社)日本フランチャイズチェーン協会で、次のようにフランチャイズを定義しています。
フランチャイズとは、事業者(フランチャイザーと呼ぶ)が、他の事業者(フランチャイジーと呼ぶ)との間に契約を結び自己の商標・サービス・マーク・トレード・ネームその他の営業の象徴となる標識、および経営のノウハウを用いて、同一のイメージのもとに商品の販売その他の事業を行う権利を与え、一方、フランチャイジーはその見返りとして一定の対価を支払い、事業に必要な資金を投下してフランチャイザーの指導および援助のもとに事業を行う両者の継続的関係の事を言います。
ところで、フランチャイズ(franchise)とは本来人や会社などに特権(一手販売権)を与えるという意味を持ち、契約に基づきフランチャイザー(本部事業者)がフランチャイジー(加盟者)に特権を与え共同事業をおこなうものです。
ただし、フランチャイザーとフランチャイジーは、法律的にも財務的にもそれぞれ独立した経営体として共同事業を行うのであって、共同経営ではないことを認識しておく必要があります。
また、フランチャイザーとフランチャイジーは上下関係にあるのではなく、あくまで契約を結んだビジネスパートナーの関係で対等です。
店舗を経営するフランチャイジーの能力と努力次第で業績が左右されることも理解しておく必要があります。
なおフランチャイザーとフランチャイジーの間のフランチャイズ契約は、商取引による契約であり、消費者契約ではありません。
従って、経営の成功・失敗の責任は個々にあり、当然のことながらフランチャイザーの経営はフランチャイザーの経営者が負い、フランチャイジーの経営はフランチャイジーの経営者が負うという自己責任の意識が重要なのです。
これがフランチャイズ・ビジネスの仕組みなのです。